東京都でも人気の永代供養墓

subpage1

東京都は、人口密度の非常に高く慢性的な墓地不足や墓地の高騰が長年の社会問題となっている為、永代供養墓は非常に人気の高い埋葬方法です。東京都では、第一次鳩山内閣期に始まる高度経済成長期に集団就職した団塊の世代の故郷の墓地継承や戦前の宗教観に関するこだわりが非常に低く、故郷の祖先の墓を墓じまいし現在の住まい周辺で新たに供養する人が急増し、その受け皿としても永代供養墓が利用されています。
実際に墓じまいは、2005年には90、000件を超え、近年では毎年80、000件を超える墓じまいが行われています。
永代供養墓は、供養墓の所在地のイメージや利便性など土地の価格に準じて販売価格が設定されているので、第二副都心の新宿や渋谷区などの都心よりも郊外の方が割安な傾向が強く見られます。

永代供養墓には、合祀供養墓やロッカー型の供養墓、仏壇型の供養墓、自動搬送型の供養墓、全天候型の供養墓など多様な種類が存在します。



東京都で人気の自動搬送型の供養墓は、外観も内部も供養墓とは思えないデザインが施され、特に内部は参拝者が気分良く参拝できる様な嗜好が凝らされ人気を博しています。
参拝時には、天候を気にする必要が無い上、体の不自由な高齢者でも楽に参拝できるメリットもあります。



しかし、永代供養墓は永代では無く、購入時の契約書に記されている期間を経過すると観音像や供養塔で見ず知らずの他人の遺骨と共に合祀供養されてしまいます。



マナーの事柄

subpage2

近年人気のある葬法は自然葬です。自然葬とは、墓石を建てたお墓ではなく、自然の大きな循環の中に回帰をしていこうとするものです。...

more

耳より情報!

subpage3

少子高齢化により、亡くなる方も増え、家族葬や海などに遺骨を散骨する自然葬など従来の葬式とは異なった葬儀が行われるようになりました。樹木葬も人気を集めており、近年樹木葬を行う方が増えています。...

more

マナーの特徴

subpage4

千葉においても、先祖代々のお墓を墓じまいしたり、新たに墓所を持たない人に向けて、永代供養墓を設ける寺院や霊園が増えています。永代供養墓と言っても、従来使われてきた永代供養とはやや意味合いが違っており、霊園などが個々に定めた年数のあいだ、管理や供養を代行する墓所という雰囲気で使われています。...

more

納得の事実

subpage5

千葉の自然葬の特長としては、山や海など、本格的な自然環境の中の埋葬法や散骨を選べるということが挙げられます。ここには日本最大級の広さの墓所もあり、広大な自然を眺望できる、スケールの大きな雰囲気の霊園もたくさんあります。...

more