神奈川での自然葬について

subpage1

近年人気のある葬法は自然葬です。
自然葬とは、墓石を建てたお墓ではなく、自然の大きな循環の中に回帰をしていこうとするものです。


海や山などに遺骨をいはいにしたものを撒く散骨、墓地として認可されたところに樹木や草木を墓標にした除黙想など、自然の中に還る、大きく言えば日本古来の葬法と言えます。

この良さは継承が必要ないことにあります。



少子高齢化、核家族化、簡素化の現代、このように子孫に負担をかけないお墓の在り方は時代に合っているとも言えます。

このような自然葬は神奈川で多く行われています。

自分の永遠の眠りは長く勤めた職場や生活の場であった場所にしたいという気持ちを持って、生前のうちに自分の死後の葬法を決めておく方も多いものです。

神奈川は都心からの便も良く、お参りする子孫たちが行きやすいということも人気の理由です。
都会と自然が融合した県として、住む町としても人気のある神奈川では、現代に合ったお墓の在り方を多く取り入れています。


そして、自然葬の良さとして費用面の安さも大きいものです。


墓石を建てるお墓は費用が高く、更にそれを維持管理していくには費用も更に掛かります。

goo ニュースの情報を多数ご用意したサイトです。

自然葬は維持費管理費がかからないこともメリットです。



大海原や緑に囲まれた中で眠るロマンあふれるこのお墓の形態は、エコにも通じ、この世に生を受けた者として自然にかえるという本来の姿を実現できるものです。

宗教宗派にとらわれず、誰でも可能な方法なのもそこにしきたりなどにとらわれない自由であるということが現代の考え方にマッチしています。