自然豊かな千葉の永代供養墓

subpage1

千葉においても、先祖代々のお墓を墓じまいしたり、新たに墓所を持たない人に向けて、永代供養墓を設ける寺院や霊園が増えています。


永代供養墓と言っても、従来使われてきた永代供養とはやや意味合いが違っており、霊園などが個々に定めた年数のあいだ、管理や供養を代行する墓所という雰囲気で使われています。

自分や子孫に代わって、納骨された遺骨の供養や管理を霊園などがしてくれる永代供養墓ですが、お墓としての形式にはいくつかの種類があります。



千葉の都市部近郊に多いのが、地下に設けられた納骨室の上に供養塔や仏像などが建立されている形式の合同供養墓です。
個別のロッカー形式の納骨室がある建物に、骨壺を納めるタイプもあります。

また、緑豊かな郊外の霊園では、樹木葬など、自然葬による永代供養墓もあります。

これだけは知っておきたい毎日新聞情報に関する耳より情報を公開しています。

フラワーパークのような、花が多いガーデン形式の墓所エリアが設けられている霊園もあり、明るい雰囲気が好まれています。

もともと千葉は、自然公園のような緑豊かな霊園が多いので、季節の良いときに散策を兼ねて見学をしておくのも、選ぶうえで役立ちます。
最近の永代供養の概念が、寺院や霊園によって微妙に違っているだけに、供養の年数や費用といった点を、霊園の立地などの条件とともに、事前によく調べて理解しておくことが重要です。

先祖代々のお墓を墓じまいして永代供養墓へ改葬する場合、後のトラブルを避けるためにも、あらかじめ他の家族や親類と、よく話し合っておくことも大事です。